バイク

【GW東北一周ツーリング】5泊6日のキャンプツーリングの荷物について

ども、わどです。

2019年のGWに5泊6日で東北一周ツーリングを行いました!

これまでの記事でGWの東北の道の状況や5泊6日のツーリングの費用はどうなっているのかについて書いてきました。
まだ見てない方はぜひ見てください!

今回のGW5泊6日東北1週ツーリングシリーズ第三弾では、5泊6日のキャンプツーリングで持って行った荷物について紹介したいと思います!
これは持って行ってよかった、これは使わなかった、などといったことまで紹介したいと思います。

ツーリングに使用したバッグの紹介

今回のツーリングでは荷物を入れるために

  • シートバッグ
  • サイドバッグ(左右に2つ)
  • リュック

計4つのバッグを使用しました
それらのバッグについての詳細をこれから紹介していきます。

シートバッグ

シートバッグにはタナックスのミニフィールドシートバッグを使用しました。

このバッグ自体は日帰り~1泊のツーリング向けとなっており、キャンプツーリングのような大積載用のバッグというわけではないのですが、持っているシートバッグの中でこれが一番大きかったので使いました。

このバッグの中には基本的にキャンプ用品を詰め込み、バッグの上にテントと銀マットをくくりつけていました。

やはり容量が少ないので持っていけるキャンプ用品が限られてしまいますが、キャンプ場で料理をせず外食やコンビニで全然いいという方にはこのシートバッグで十分キャンプできると思います!

ただ難点として、付属のレインカバーがこのシートバッグの形にジャストなので、上にテントとかの荷物を載せるとカバーしきれないです。
なので僕は75Lのごみ袋を持って行って、雨の日はそのゴミ袋をかぶせて養生テープでぐるぐる巻きにして走っていました笑

サイドバッグ

サイドバッグにはタナックスのマルチフィットサイドバッグMを使用しました。

シートバッグだけでは荷物が入りきらなかったのでこちらのサイドバッグも使用しました。
積載量が増えて満足です。
ただし欠点として雨のとき、一応レインカバーがあってかつバッグの内側も浸水しないような構造にはなっているのですが、タイヤが巻き上げる水でバッグがびしょびしょになるため長時間走ると浸水してしまうことがあります。

なのでこのバッグの中には基本的に濡れても大丈夫なものを入れていました。
例えばレインウェアとかレインブーツとか金属製のものとかを入れていました。

リュック

シートバッグ、サイドバッグに続いてこのツーリングではリュックも持っていきました。

使用したリュックはダイネーゼのD-THROTTLE BACK PACKという防水リュックです。

 

ツーリングでのリュックは肩がこったりするのでかなり好みが分かれるアイテムだとは思いますが、このツーリングで使用したシートバッグとサイドバッグが比較的小さいために荷物が入りきらなかったのでリュックも使用しました。

使用したダイネーゼのリュックはかなりの雨で使っても中が濡れない防水リュックで個人的にすごい気に入ってます。

そんな防水性に信頼を置いていたこのリュックには基本的に着替えを入れていました。

持って行った荷物

持っていった荷物を書いていきます。

  • キャンプ用品
    • テント(1~2人用)
    • 銀マット
    • シュラフ
    • シルバーシート(グランドシートとして)
    • ランタン(LED)
    • ヘッドライト
    • バーナー
    • コップ
    • 小型なべ(湯沸かし用)
    • チャッカマン
    • はさみ
    • 折り畳み椅イス
  • 衣服
    • ヒートテック×3
    • 下着×3
    • 靴下×3
    • 防寒用のミドルウェア
    • タオル×3
  • ツーリンググッズ
    • レインウェア
    • ブーツ用レインカバー
    • レイングローブ
    • ツーリングマップル東北編
    • USBケーブル
  • その他
    • モバイルバッテリー
    • 予備のUSBケーブル×3
    • チェーンルブ
    • 少しの工具(車載工具+α程度)
    • 防水スプレー
    • ビニール袋×4
    • 75Lゴミ袋
    • ジップロック
    • 折り畳み傘
    • アイマスク
    • 耳栓

これは持っていかなくよかったと思う荷物

これまで僕は最長でも2泊3日、しかもキャンプツーリングをしたことがなかったので5泊6日となると何をもっていけばいいかわかりませんでした。
なのでとりあえず先ほど紹介したものを持って行ったのですが、正直必要じゃないものもありました。

  • 折り畳みイス
  • 防水スプレー

今回のツーリングでは料理を作る気はなく、基本ご当地の外食かコンビニでした。
なのであまりテントの外にいることは少なく、折り畳みイスはいらなかったかなと思いました。

防水スプレーは事前にレインウェアなどに使っていたのですが念のためにもっていきました。
が使わなかったのでこれも必要ではなかったです。そりゃ最初に使えば用は済みますよね笑

持っていけばよかったと思うもの

逆に持っていけばよかったなと思ったものは以下のものです。

  • ツーリングマップル(関東編)
  • 携帯まくら

東北を周るから関東編は荷物になるだろう、と思ってもっていかなかったのですが正直持っていくべきでしたね。
というのも最終日は新潟に泊まってそこから埼玉へ帰るのですが、東北編では群馬、栃木がほんの一部しか載ってなくてルート決めにものすごく悩んだからです。
自分が走るであろう地域のツーリングマップルはできるだけ持って行ったほうがいいと思います。

携帯まくらはテント泊やネカフェでも使えると思います。
まくらがなくてもリュックやジャケットを枕替わりに使っていたのですが、ちょっと首がしんどかったのでまくらも持っていけばよかったかなと思いました。

これは持って行ってよかったと思うもの

最後にこれは持って行って正解だったなと思うものを挙げていきます。

  • アイマスク
  • 耳栓
  • ブーツ用レインカバー

今回のツーリングで雨の日はネカフェに泊まることにしていたのでアイマスクと耳栓はあったほうがいいかな、と思って百均で買ったものを持って行ったのですが、大正解でした。
とにかくネカフェで快眠ができます!
僕はこれまでにも何度かネカフェに泊まったことがあるのですがちゃんと寝れたことがありませんでした。
そのときはアイマスクも耳栓も使ってなかったので、この2つのアイテムが効果的だったのだとわかります。

ブーツ用レインカバーは防水ブーツの人にはあまり関係ないかもしれないですが、そうではない靴で長期ツーリングする人には超おすすめです!
足が濡れないのはとにかく快適です!

まとめ

もともと使っているバッグ類が小さいということもあり、持って行った荷物は少ない方だと思います。

逆に言うとこれくらいの荷物でも長期のキャンプツーリングはできるので、もし長期ツーリングをやってみたいけど何をもっていけばいいかわからない、という人はこの記事を参考にしてみてください!