バイク

身長が低い人のためのオフロードバイクのようなシートが高いバイクの乗り方5つのポイント!【乗車・発進編】

ども、わどです。

前回は低身長の人のためのシートの高いバイクの乗り方を【停車編】として書きました
まだ見てない人は、「 身長が低い人のためのオフロードバイクのようなシートが高いバイクの乗り方5つのポイント!【停車編】 」をご覧ください!

今回は【乗車・発進編】ということで、低身長のための乗車テクニック、そして発進時のポイントを解説していきます!

乗車時のポイント

サイドスタンドを立てたまま乗車

背が低いとシートをまたぐのも一苦労ですよね。

そういうときはサイドスタンドは立てたままで、ステップを踏み台にしてまたぐと楽に乗車できます!

ただ難点としては、乗車した後にサイドスタンドを払うことになるのですがサイドスタンドに足がなかなか届かない(届いても結構きつい)といったことがあります。

この場合の対処方が次の項目です。

ハンドルを切って足をつく方へ傾ける

前回の 【停車編】でもお話しした逆操舵を利用します。

逆操舵とはバイクはハンドルを切った方とは逆の方へ傾く という性質のことで、これを利用して足をついている方へ車体を傾けるんですね。(つまり足をついている方とは逆方向へハンドルを切るということ)

こうすることで少しでも車体を軸足側に寄せて、サイドスタンドを払うほうの足に余裕をもたせることができます。

以上が乗車時のポイントです!

まあ、慣れればスタンドを払ってから乗車ができるようになるので、それができるようになるのが結局一番楽だとは思います笑

発進時のポイント

車体をまっすぐにする

続いては発進時のポイントです。

今までの停車編や乗車時のポイントの通りにいくと、足つきをよくするためにハンドルを少し切っている状態になっていると思います。

なのでまずは車体をまっすぐにしましょう。
ハンドルを切った状態で発進すると進みづらいですもんね笑

かかとでステッププレートをおさえる

これは前回の 【停車編】でも解説していたテクニックと同じです。

ステッププレートをかかとでしっかりとおさえることで車体は安定します
車体が安定していると発進もふらつかずに スムーズにできるので、停車時だけでなく発進時でも意識したいポイントですね。

発進してしばらくは腰をずらしたまま

発進してすぐに腰をシートの真ん中に戻しても全然大丈夫なのですが、僕はいつも少しの間(3秒くらい)は腰をずらしたまま乗ることがあります。

それは、前の車が急停止したり想定外のことが起こって停車することになっても慌てずに足をつけるようにするためです

また、渋滞などで発信してもすぐに止まることが予想されるときなどは腰をずらしたまま進んだほうが手間が省けるのでおすすめです。

最後に

以上で

乗車→発進→停車

という一連の動作はマスターできると思います!

これで背が低くて足つきがよくないバイクにもガンガン乗れますね!
バイクライフをエンジョイしましょう!