モビリティ

ヴェゼルの便利すぎるブレーキホールドシステムのメリットとデメリット

ども、わどです。

僕は現在ホンダのヴェゼルという車に乗っており、ヴェゼルの中で非常に気に入っている機能があります。

それはブレーキホールドシステムです!

今回は便利すぎる機能のブレーキホールドシステムとはどういったものか、使ってみてわかったメリットとデメリット(デメリットというほどではないんですけどね笑)について紹介していきます

ブレーキホールドシステムとは

ブレーキホールドシステムとは、言葉通りブレーキをホールドしてくれるシステムです。
ブレーキ状態を保ってくれるということですね。

普通AT車は停車時にブレーキペダルから足を離すとゆっくりと進むクリープ現象が起こります。
なので停車しているときにブレーキペダルから足を離したいときはシフトをD(ドライブ)からN(ニュートラル)に変えてサイドブレーキ、もしくはP(パーキング)に入れるということをします。
そして再発進するときにはシフトをDに入れなおしてアクセルを踏みます。

ブレーキホールドシステムではこのようなことからいっさい解放されます!

ブレーキホールドシステム作動時であればなんとブレーキペダルから足を離しても車は前に進みません!

ではどうやって発進するのかというと、アクセルペダルを踏むと自動でホールド状態は解除されて発進します

これほんと便利機能なんですよね~。
もうこの機能がないと不便さを感じてしまうレベルです笑

ブレーキホールドシステムの使い方

ブレーキホールドシステムの使い方について、今までブレーキホールドシステムを知らなかった人のためにちょっと説明します。

使い方は簡単で、ブレーキホールドシステムはボタン1つでON/OFFできます

画像の赤枠のボタンがそれです。

ブレーキシステムがOFF状態(運転開始時はOFF)のときは普通のAT車と同じで、停車時にブレーキペダルから足を離すと車が進み始めます。

ブレーキホールドシステムがON状態では、停車時にブレーキペダルから足を離しても車はブレーキ状態を保つので前に進みません。

ただし注意しなければならないのは、完全に停止しないとブレーキホールド状態にならないということです。
ヴェゼルの場合、メータにブレーキホールド状態に入ったかどうかがインジケーターとして表示されるので、この表示が出てブレーキホールド状態にちゃんと入ったことを確認してから足を離しましょう。

画像の赤枠の部分です。
完全に停止してブレーキホールド状態になるとⒶ(赤枠内のインジケーター下側)が表示されます。
足を離す前にこの表示が出ているか確認してから足を離すようにしましょう。

ブレーキホールドシステムを使うメリット・デメリット

メリット

僕が思うブレーキホールドシステムの良い点はこちらです。

メリット

・ブレーキペダルから足を離せるので疲れない
・渋滞や長旅で威力を発揮

足が疲れない、これにつきますね。
渋滞のときや長旅で疲れているときはブレーキペダルを踏み続けるのもしんどいですもんね。

もはや普通の信号待ちですらブレーキペダルを踏み続けるのがめんどくさくなります。笑

レンタカーでブレーキホールドシステムがついてない車に乗るとシステムの便利さにどれだけ甘えてたかを痛感するんですよね笑

デメリット

デメリットというよりは注意点みたいなものです。

デメリット

・レンタカーなどでシステムを搭載してない車に乗ったとき、思わず足を離して前に進んでしまう
・見通しの悪い道路をそろそろと走りたいときに制御がちょっと邪魔

レンタカーに乗ったときに思わずブレーキペダルから足を離して前に進んでちょっとヒヤっとすることがあります。
たぶんブレーキホールドシステム搭載車に普段乗っている人なら誰しもが経験することだと思います。(ですよね!?)

なのでレンタカーなどシステムを搭載していない車に乗るときは十分注意する必要があります

2つ目のデメリットについて、見通しの悪い道路のようにクリープ現象を使ってゆっくりそろそろと動きたいときは逆にブレーキホールドシステムが邪魔になってきます

制御がOFFのときえあればブレーキペダル一つでゆっくり進んで止まってができます。
ですが制御がONのときはクリープ現象が使えないので停止するたびにアクセルペダルを踏んで進まなければいけません。
なのでちょっとめんどくさいです。

まあこれはブレーキホールドシステムをOFFにすればいい話なので、最徐行したいときはボタンを押して制御OFFにするなど臨機応変に対応すればなんの問題もありません

まとめ

ブレーキホールドシステムとは停車時にブレーキペダルから足を離しても前に進まない機能で、渋滞や長旅のときに足が全く疲れないとても便利な機能です。

ただ注意点として、

  • ブレーキホールドに慣れると他の車で停車しているときに思わずペダルから足を離してヒヤっとすることがある
  • 見通しの悪い道路をクリープ現象を使って最徐行で動きたいときに機能が邪魔に感じる

という点です。
2つ目の注意点に関してはブレーキホールド機能をOFFにすればいいだけなので、そのへんは臨機応変に制御をON/OFFにするといいでしょう。

これから車の購入を考えている人はぜひブレーキホールドシステム搭載車を候補に入れてみてください!